みずほ銀行カードローンパート

みずほ銀行カードローンはパートでも申込める?

 

みずほ銀行カードローンでの専業主婦の申込とパートの申込は?

専業主婦でも借りれるカードローンといえば、現在では銀行カードローンでもごく一部で、メガバンクでは軒並み専業主婦申込不可となっています。

 

 

もちろんみずほ銀行カードローンでも専業主婦の申込は不可能になっています。


 

消費者金融では専業主婦は無理なの?と思われるかもしれませんが、現在大手と呼ばれるアコムやプロミスなどの業者の場合やみずほ銀行カードローンは、

 

 

融資を行うためには「毎月安定した収入があること」が条件


 

ていますので、仕事をしていない専業主婦の場合はそれだけでも消費者金融の融資対象から外れることになります。もっとも、銀行であっても専業主婦の場合は必ずしも借りれるというわけではありません。

 

あくまでも専業主婦であっても融資対象として考えることができます、というレベルであり、申し込んできた人の状況によっては融資ができない可能性もあります。専業主婦が銀行カードローンを利用してお金を借りるためには、、

 

 

ひとつは「配偶者に安定した収入があること」が条件となります。


 

そのため、結婚しておらず親と同居している女性の場合は「無職」というカテゴリーになりますので、専業主婦への融資規定は適用されません。

パート主婦であればみずほ銀行カードローンよりも大手消費者金融

 

結婚している人であっても、配偶者が仕事をしていない、あるいは不安定な雇用状態の場合には銀行であっても融資をしない可能性があります。

 

契約する本人である専業主婦に収入がないうえ、融資を行う根拠となる配偶者に安定した収入がないという状態では、返済されない可能性の方が大きいと判断されてもやむなしといえるでしょう。

 

また、配偶者が毎月安定して収入を得ているとしても、既に他の銀行や消費者金融などからお金を借りている状態では同じように返済能力に難ありと判断される可能性もあります。

 

専業主婦は自分が収入を得ていない分、それだけでもお金を借りるためのハードルが上がってしまうのですが、収入を得ている配偶者にも問題があれば融資の利用がさらに難しくなるというわけですね。

 

専業主婦でも借りられるカードローンであっても、こうした周囲の状況によって必ずしも借りることができるとは限らないのが現状です。

パート主婦の子供の就活生の人気企業ランキング

就職情報会社ダイヤモンド・ビッグアンドリードが人気企業ランキングを発表しました。

 

このランキングは2012年の大学生就職先人気ランキングで、CMなどでおなじみの有名企業の人気が高まっています。また就職活動幕開けが10月から12月へ遅くなったことも人気企業に人気が集まった理由の1つとしています。

 

男子文系では金融機関や商社などがトップ10を独占し、女子文系ではメガバンクが上位を占めています。そして男子理系では東芝などの大手メーカーが人気!その一方で円高の影響で輸出が減っているホンダやトヨタ自動車はランキングを12→16、17→21へ4つも落としています。女子理系では食品がとても人気が高くてトップ10の中に7社も入っています。

 

ちなみに、去年10位だった東京電力はランキング100の中に入らず圏外となっています。やはり誰もが知っているような企業がとても人気が高いですね。有名企業に入ったら将来安定と思いますよね。

 

未だに有名企業に入れば将来安定と考えている方が多いことが分かります。しかし、時は流れているのです。民主主義による改革の遅れを今、社会主義の独裁者の決断が追い抜いています。

 

こういう時はそこそこの事業を数個持つのが方向転換も早く、時代の流れに合わせ易いと考えています。まだこれから企業が大きすぎて方向転換できずに倒れていく企業が相次ぐはずです。与えられた仕事を一生懸命にこなす高度成長期はもう終わったのです。

 

これからはしっかり自分で考えることが必須になってきます。人の責任にしない自己責任能力が必要です。消費者金融もそう、自己責任で自分の返せる範囲で借りなければならないのです。

page top